ムダ毛を抜くのは良くないので、やらない方がいいです。 お金がかかりませんし、気軽にムダ毛処理ができますので、多くの人が毛抜き(その商品によって抜きやすさが違うものです)で処理していると思いますが、様々な肌トラブルを起こしてしまいます。 ムダ毛を抜くことによって起こる肌トラブルは、以下のようなんですね。 ・埋没毛 ・色素沈着 ・肌の炎症 ムダ毛を抜くと、起こってしまいがちなのが埋没毛です。 埋没毛とは、皮膚の中に毛が埋まってしまい、そのまま成長を続けてしまう状態のことをいいます。 皮膚の中に毛があるので、抜く事が出来ず、見栄えが悪くなるのではないでしょうか。 だからといって、皮膚に傷をつけて無理やり抜いてしまうと、黒ずみの原因になるので、注意してください。 また、ムダ毛を抜くといった行為は、想像以上に肌に大きなダメージを与えます。 ダメージを受けた肌が色素沈着(皮膚の新陳代謝が上手くいかないと、シミなどになってしまうこともあります)を起こし、その部分だけ色が変わってしまう事も多いものです。 それに、ムダ毛を抜くことで毛穴にばい菌が入り、炎症を起こして肌の炎症性疾患のようなものができることもあります。 ムダ毛を抜くことでこのようなデメリットがあるので、なるべく抜かないなさってくださいねー